チームコーチング|接遇マナー研修|コーチング研修|管理職研修|株式会社コム

株式会社コム
〒085-0063
北海道釧路市文苑1丁目
        29-15
TEL.0154-38-4345
FAX.0154-38-4347
qrcode.png
http://com-consul.com/
モバイルサイトにアクセス!
 

講座修了者の声

 

佐々木正明さん

佐々木正明さん
 
 

コーチングを学び始めた当時、組織という大きな壁と自分自身の心の葛藤を抱えてすべての原因は外にあるとばかりに感じていた時でした。

 

以来、8期から11期まで継続受講していますが、コーチングを学び自分自身と向き合う事で自分の思考ぐせや物事の捉え方、価値観について客観視できるようになりました。

 

学ぶ過程で、これまでは「自分は正しく相手が間違っている」と自分のものさしで一方的に決めつけて相手を自分が思うように変えようとしていた事に気づくことが出来ました。

 

人にはそれぞれに価値観があります。

まずは相手を認め、接し方や伝え方を見直していきました。

相手を変えようとする前に自分自身が変わることによって不思議と相手の反応も自然に変わっていきました。

他人とのコミュニケーションもスムーズになり日常の小さな幸せにも意識を向けられるようになったことで、とても生きやすくなったように感じます。

 

 

コーチングは未来への働きかけでもあると言えます。

答えは自分の中にあります。

「これから自分はどうなりたいのか」

ありたい姿に進む原動力はコーチングを学んだからこそだと思います。

 

コーチングはビジネスシーン以外にもプライベートでも活用する場面がたくさんあります。

プロフェショナルコーチの認定を目指す方以外の方でも学んだその日からたくさんの気づきを得られる講座でした。

ぜひ、この講座を通してひとりでも多くの方にコーチングの良さを知っていただきたいです。 

 

 第8期修了者 佐々木昌明

 

 

 

 

 

山本さおりさん

山本さおりさん
 
 

私のコーチングとの出会い。

当時マナー研修などを行っていても「コーチング」について知りたいと言う声が聞こえてくるようになりました。

 

自分自身がまずしっかりと理解しなくてはいけないと思い講座を受講することになりました。

受講してすぐに…コーチングが必要だったのはすぐ目の前にある家族だったことに気がついたのです。当時10代だった娘は進路にとても悩んでいました。意識して接したわけではないけれどコーチングを学んだことによって多分、私の中にも変化が生まれ娘の可能性を信じることができたのだと思います。

娘は大きな方向転換ではあったけれど自分の意思により、自分の思いを叶える事ができました。同じように私自身も未来の自分を見つめることができたのだと思います。

 

コーチングを学ぶことで会社でも家庭でも一方通行だったコミュニケーションのあり方に変化が出てくることを実感しています。

 

人が人を変える事はできないと思います。でも自分で変わることはできるのです。

「答えはその人の中にあり、その可能性を信じること。」これからもそのことを伝えていきたいと思っています。

 

第3期修了者 山本さおり

 

 

 

 

 

永田美沙さん

永田美沙さん
 
 

私がコーチングを知ったのはコムさんからお誘いを受けたのがきっかけでした。何にでも興味のある私なので、軽い気持ちで受講した記憶があります。

 受講してみると、とても奥深く、胸ではなく脳が熱くなるのを感じました。特に印象深いのは、コーチングをするうえで、信頼関係が大切であること。そのためにはコミュニケーションの重要性と難しさを知りました。今の私があるのは周りからの助けがあったからです。私は人との関わり方に緊張感を持ちながらも、コミュニケーションは私の人生の中で重要と考えていたので、とても納得のいくものでした。
 私にとってのコーチングは、会社や活動している団体の組織はもちろん、家庭にも役立つ!人生の礎となっています。
 最後に私を鼓舞する仲間たちに出会えたことも受講の楽しみとなりました。小川先生、メンバーのみなさまありがとうございました。
 
 第1期修了者 永田美沙
 
 
 
 

宮崎結華さん

宮崎結華さん
 
コーチング・・・身近な周りで取り組んでいたので、聞いた言葉ではありましたし内容もそれとなく聞いてはいました。しかし、どこか遠いものと思っておりました。
長年、管理職でもあったので「部下の話は聞けている」といった思いもあったように思います。
そんな中、NTTユーザ協会主催の勉強会が2日間あり、参加することになります。2日間だけだったのですが、「傾聴する」と言うことに、とても興味を持ったのと同時に、機会があったらきちんと学びたいと思うようになっていました。
プロコーチ養成講座が開催される!と聞き、コーチングを何も知らないが大丈夫だろうかと不安な気持ちでいっぱいでしたが、参加させていただくことを決心します。
いざ、受講してみると聞きなれない言葉が飛び交う中、「答えは相手が持っている」この言葉は私の中には全くない概念で何かで撃ち抜かれたような気持になりました。
答えは私が持っていると思ってマネジメントをしていましたから、何とも言えない気持ちでした。
それからは、「答えは相手が持っている」ことを信じ、待つことを覚えたように思います。
私にとってプロコーチ養成講座は相手を信じぬく素晴らしさを教えていただけたのと、素晴らしい学友との出合の場ともなった有意義で楽しい半年間でした。
 
第3期修了者 宮﨑結華
 
 
 
 

小林美奈子さん

小林美奈子さん
 
プロコーチ養成講座の受講を誘われた時、「プロ」という言葉にどうしてもブレーキをかける自分がいました。以前にも他機関を合わせ3~4度初歩を受講したことがありましたが、いまいち理解ができなかったことが、余計拒否反応として出てしまったのかと今思えば感じます。ある方の後押しもありこのプロコーチ養成講座を受講し、回を重ねる毎に、社内でこれが浸透していくことにより、社員が生き生きと仕事を行い、楽しい気分でいられるのではないかと感じました。
コーチングを受講する前と後では、後輩との接し方や社内で行う研修時に、いかに自分で考え行動につなげることができるかということを、より強く意識しながら進めるようにしております。それぞれの人が生き生きと目標達成に向け前進している姿を見るだけで、私も楽しく嬉しくワクワクしております。
コーチングを通し様々な方々と一緒に学んだ時間も私にとっては、コーチングと同じくらい自己形成になり、とても充実した時間でありました。
 
 第3期修了者 小林美奈子
 
 
 
 
 

石本里子さん

石本里子さん
 
コーチングを学び、私は研修講師として受講生に向き合う時の心の持ちようが大きく変化しました。
それまでは指導技術の向上ばかりに意識が集中していたように思います。
しかし、受講生自身が持つ力をとても信じてかかわるようになったのです。
 
そして、共に到達点を明確にし、個性にあった最適な学習方法をできるだけご本人と一緒に考え、実践できるよう支援するようになりました。
 
目標達成の支援をさせていただきながら、温かい心のつながりを一層感じております。
 
ずっと関心を持ち続けてきたプロコーチ養成講座開催のお知らせを頂き、地元で質の高い内容を学べるという期待と喜びを感じたことを覚えております。
 
(株)コムの小川先生にご指導いただき、志高いメンバーと共に養成講座でコーチングを深く学べたことは私の財産です。
 
 第1期修了生 石本里子
 
 
 
 

矢部政仁さん

矢部政仁さん
 
 コーチングとの出会いは中小企業経営者団体の勉強会でした。組織の発展に人づくりが重要だと感じながら、何をどうしたらいいのか悩んでいる時、㈱コム小川社長の講座でコーチングを知りました。その後、小川社長の講座に何度も参加させていただきました。
その後、組織の中でコーチングを生かそうと実践を試みます。何度かの学びと実践の中で感じたのは、自分自身の成長が無いと学びを生かすことはできないと言うことでした。
そんな折にプロコーチ養成講座を開催のお知らせをいただきました。すぐに、受講のご返事をしました。何回かの単発で学んでいたことが、集中して学ぶ機会をいただきました。
頭で判っているつもりのことが、より鮮明に理解が深まります。なんとなく感じていることが具体的な実践、事例と結びついてきました。「無限の可能性を信じる」ことの難しさと尊さ、そして、それが無意識の有能に近づくことに喜びを感じました。
コーチングの学びが自分自身の成長につながり、周囲の人に影響を与え、人が育ち、組織に変化が表れます。コーチングの学びは、明るい未来を切り開く大きな力です。
 
 第1期修了者 矢部政仁
 
 
 
 
 

山﨑美佳さん

山﨑美佳さん
 
 きっかけは「コーチングって何なんだろう?」という興味でした。
そんな時、コムでコーチングの基礎講座があり参加しました。楽しかったという記憶があります。
奥が深いな、この1日だけでは体得できないなとも思いました。ここからがスタートです。

数年学び、変化がありました。まず、自分の軸が出来るということ。
「生き方、在り方、やり方」。
それから、「夢は描けば叶う」ではなく、「夢は描けた後に、“行動”すると叶う」ということ。
社員との面談では、何のためにどんな行動をし、どんな結果が見えるのか、成長できる話し合いが出来るようになります。
「相手の中にある無限の可能性を信じ、目標達成や問題解決に向けて自発的に行動を起こしていくことを支援するものである」。
コーチングは私の人生に必要なものでした。
 
 第3期修了者 山﨑美佳 
 
 
 
 

酒井賢一さん

酒井賢一さん
 
 
なりたい自分を描き、そこに向かって行動してみる。だけど中々思い通りにはいかないものです。「自分はそのための努力も行動もしている。それなのに上手くいかないし成果も生まれない。」それは自分以外の全ての人と環境が原因を作っている…そう考える私がいました。
その頃、偶然にコーチングセミナーを受講しました。そのコーチングの学びの土台は「人間観」当時の私には存在しないあり方がそこにあったのです。この気づきがコーチングの学びの旅の始まりとなり養成講座の受講へと結びついたのです。
時は過ぎ、いま自分が描いてきたビジョンが次々と実現していく実感があります。この実感を起点にすると。偶然のコーチングが私の転機の始まりだったと言えます。
もし、あなたに偶然のコーチングが目の前にあるとしたら、あなたにとっての転機の一歩手前なのかもしれません。この偶然をあなた自身が作るとしたら始められることは何ですか?
 
 酒井賢一:介護・福祉事業取締役・ビジネスコーチ・研修講師
 
 
 
 
<<株式会社コム>> 〒085-0063 北海道釧路市文苑1丁目29-15 TEL:0154-38-4345 FAX:0154-38-4347